カテゴリ:栄養士からの一言( 12 )

 

健康長寿を目指して

今月4日に現役医師、日野原重明先生が100歳の誕生日を迎えられましたね。

先立って行われた栄養士会長との対談の中で
「日本では年齢区分別の食事摂取基準がありますが、
年代別データは70歳以上までで、それ以上の80代、90代という基準がないのを不思議に思う」
という旨の発言をしておられました。

なるほど、成長期の子供は、0~5ヶ月、6~8ヶ月、9~11ヶ月と細かく基準設定があり、
成人においては18~29歳、30~49歳、50~69歳、70歳~で食事摂取基準が設定されています。

この基準でいくと70歳と100歳は同じ食事量になってしまうわけです。

セカンドライフは活動や疾病により食事の量も個人差が大きいので、基準を作るのも
難しい。もう少し時間がかかるのかも知れませんね。

当院にも70歳を超えて、元気に栄養指導に来院してくださる方々がいらっしゃいます。
食事摂取基準や栄養必要量は大切ですがそれをふまえた上で、ひとりひとりの体重、歯の状態、運動の量、食べ物の嗜好をしっかり把握しながら、ひとりひとりにふさわしい栄養指導をして健康長寿のお手伝いが出来たらいいなあ・・・

お元気な日野原先生の笑顔を見ながら思いました。

管理栄養士 古谷
[PR]

by asukai-naika | 2011-10-15 11:24 | 栄養士からの一言  

手前味噌

今年も、横浜市内某地区センターで恒例となった「味噌作り講座」の講師をしてきました。

発酵食品である味噌は生き物。
麹菌がスクスクと育つ10月~2月が仕込には最適の時期なのです。

味噌を作って持ち帰り食べごろになる春を待つ。それだけでもワクワクですが、料理講座で
何も食べずに帰るのも少し寂しい?と思い、今年は味噌クッキーを焼いて持参し生徒さんに
食べて頂きました。

塩キャラメルや塩饅頭などちょい塩スイーツが普及しているせいか、みなさんに喜んで頂けました。

レシピをアップしますので興味のある方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

みそスイーツ~♪みそセサミクッキー♪~
(材料)
小麦粉250g  ベーキングパウダー小さじ半分   バター100g  砂糖100g 
みそ大さじ2  卵1個  ごま大さじ2
(作り方)
①バター、卵は室温にもどしておく。小麦粉とベーキングパウダーはあわせておく
②バターをクリーム状に練る
③②に砂糖、みそ、溶き卵の順に加え、そのつどよく練り合わせる
④③に小麦粉とBPをあわせたものをまぜてひとまとめにする
⑤好みのかたちに形成し170℃のオーブンで12分くらい焼く(こげないように)


食べ過ぎにご注意・・・

                           管理栄養士    古谷千早
[PR]

by asukai-naika | 2010-11-12 15:26 | 栄養士からの一言  

食事と栄養のおはなし会のお知らせ

昨今の不況の影響で経済的なことなのか、健康面からか、食の安全性からか・・・?
「弁当男子」という言葉が目につくようになりました。
デパートの雑貨売り場でも男子学生やビジネスマン向けのマイボトルやランチボックスが
たくさん並んでおりますね。063.gif
 
来月、当院で集団栄養指導「食事と栄養のおはなし」を致します。
むずかしい栄養学のおはなしではなく、明日から気軽に取り入れられる食事作りのテクニックを
お話します。
今回のお題は「お弁当」 コツがわかればカロリー計算なしで自分に合った分量がわかります。
弁当男子に限らず、皆さんの毎日のお食事を応援します053.gif

当院で受診されている患者さん対象ですが、お知り合いの方やご家族の方も若干参加できます。
費用など詳細は当院の受付カウンターまで直接お問い合わせください。

日時:7月17日(土) 13:30~

内容:食事と栄養のおはなし~お弁当で3・2・1ダイエット~
    ※食生活に関する小さなギモンや聞いてみたいこと、質問コーナーもあります

                                         管理栄養士  古谷
[PR]

by asukai-naika | 2010-06-10 09:51 | 栄養士からの一言  

春のお楽しみ

4月も半ば、葉桜になり始めているのに厚手の上着を羽織りたくなるような日もあります。
体調を崩さないようにしたいですね。
そんな気候をよそに、八百屋さんの店先では、この時期限定の自然の恵みが出回っています。
菜の花の辛子和え、たけのこご飯、グリンピースご飯、そら豆と海老のパスタ、ふきのとうの天ぷら
春キャベツとイカの炒め物・・・・作りたいレシピが次々と浮かんできます。
先週馴染みの八百屋さんでおいしそうな苺を安く分けて頂きました。
悲しいかな、苺はあんなにおいしいのに日保ちしません。
半分は生で食べ、半分はジャムを作りました。
手作りジャムは糖度を自由に変えられるのがいいですね。
今回はいちご300g、砂糖80g、レモン汁大さじ1、甘さ控えめで作りました。
保存瓶は一度煮沸してから詰めます。
朝食のトーストに、ヨーグルトのトッピングに、春のお楽しみです053.gif
b0161148_1635549.jpg

4月12日  057.gif    管理栄養士  古谷千早
[PR]

by asukai-naika | 2010-06-03 18:47 | 栄養士からの一言  

コンビダイエット

今週初め、深夜に実家の弟から突然の電話が来ました。
深夜の☎・・・・・。あまり良い知らせって無いですよね。
予感的中。母が倒れ、救急車を呼んでいるところだと・・。
病院からの知らせを待ち、取り合えず命に別状は無いことが確認できたので、朝まで待って
早朝の新幹線に乗り、急遽帰省しました。
主要な検査も終わり安心したところで、昨日横浜に戻りほっとしています。
ばたばたした状態でも、母が眠っている隙に食事だけはしっかり摂る私040.gif
病院そばのコンビニへ。いつも患者さんに「コンビニでもバランスのいい食事はできますよ~」
と言っている手前、商品を吟味する目も真剣。
こんな状況の中、写真まで撮ってしまいました。総カロリー473KCAL、たん白質16g、塩分3.9g
塩分だけ少し高いかな。。。
お母さん長生きしてください!!
b0161148_1710966.jpg

管理栄養士  古谷千早
[PR]

by asukai-naika | 2010-06-03 18:46 | 栄養士からの一言  

女子フィギュアのお食事

b0161148_123141.jpg
世界中の注目を集めた
女子フィギュアスケート!
モデル並みの体型を保ち
ながら、激しい練習に耐えられる体力と筋力の
ための栄養もしっかり確保しなければならない。
「栄養に対する意識が高く、緑黄色野菜や海藻もきちんと摂る。食べ物の栄養素やカロリーの質問もよくされるし感心します。あれだけの選手ですと責任の重さを感じます」とは浅田選手の栄養管理をされている管理栄養士さんの談。
そんな女子フィギュアの皆さんに敬意をはらって?今日は「女子フィギュアランチ」063.gif
筋肉のモトになるたん白質を卵とチーズで。運動のエネルギーになる炭水化物トーストの上にはラズベリーといちじくのジャム。ダイエットの味方、温野菜のサラダには疲労回復に効くクエン酸レモン&ハーブドレッシング。氷上での冷え対策にブロッコリーの上におろし生姜、ミルクティーにシナモンを。美肌に良いビタミンC豊富ないちごをデザートに。気になる総カロリーは498KCALです→お試しあれ
いただきま~す053.gif
[PR]

by asukai-naika | 2010-02-26 13:13 | 栄養士からの一言  

新豆の季節

実りの秋ですね。新米や秋刀魚はもうすっかり堪能しましたが、
晩秋には北海道から新豆がやってきます♪
先週は横浜市内のとある会場で、「らくらく味噌作り」の講習会をしてきました。
新豆で作る味噌の味は格別。
熟成期間を経て食べごろは来年初夏~楽しみです

写真は仕込む直前の「みそ玉」たちです。かわいいです。
作り方は驚くほど簡単でみなさん驚いてました。
味噌がめいらず、重しいらず。
ポリ袋と大豆(新豆)、塩、麹があればできます♪

b0161148_9281117.jpg

[PR]

by asukai-naika | 2009-11-17 09:35 | 栄養士からの一言  

キャノンオープンだった!

昨日に引き続き、今日も二俣川駅がなんとなく混雑していた。
台風の余波?まさかね・・。
よく見ると改札口の前に”キャノンオープン”の看板を持った誘導の男性が!
石川遼くんの活躍や華やかな女子ゴルファーの出現で、ゴルフ観戦はアツイのですね☆

スポーツの秋、運動会シーズンですね。
運動会と言えば楽しみはお弁当!
おかずにもついつい気合が入りますが、午後の競技に備えて
消化がよく素早くエネルギー源になるおにぎりが一番!
唐揚げやサラダなどはたっぷり食べると胃もたれやしてしまうかも。添え物程度で。
たん白質や野菜のビタミンなどは、筋肉疲労や疲れを取るために夕食時にどうぞ。
縁起をかついで「とんカツ」は・・・夕食にまわしまし
ょうか
066.gif
[PR]

by asukai-naika | 2009-10-09 21:07 | 栄養士からの一言  

腹7分目のアカゲザル

少し前の話になりますが、7月13日付の朝日新聞によると「摂取カロリーを約3割減らすと、糖尿病やがんといった加齢に関連した病気で死ぬ確率が3分の1に減ることが米ウィスコンシン大のアカゲザルを使った約20年の実験でわかった。米科学誌サイエンスに発表した」とのこと。

(なあんだ今さら(`´)!昔から腹8分目の医者いらずって言うじゃない)と私も一瞬思ったのですが、続きを読むと「カロリーの制限で老化を防げることはショウジョウバエ、マウスの実験では確認されていたが霊長ではよくわかっていなかった・・・」ふむふむ(・へ・)
・・・ 先人の経験に根ざした知恵はすごいですねっ!! 

「8分目」でなく、アメリカの実験は7分目。
満腹手前でストップして、最後にひとくちのフルーツで締めて「今日は8.5分目かな。上出来、上出来(^^♪」と悦に入っているようじゃまだ甘い?デザートの巨峰を食べるか食べまいか迷っている私。アカゲザル君を思い今日は冷蔵庫の前をスルーすることとしましょう(^_^;)

ちなみにこの実験の対象は7~14歳の大人のサルくん(さん)。まだまだ成長している若いぼく、わたしは好き嫌いせずバランスよくもりもり食べましょう。ただしお菓子の食べすぎはNGですよ~。

管理栄養士 ブログ名まるこ改め、本名 古谷千早

[PR]

by asukai-naika | 2009-09-09 16:45 | 栄養士からの一言  

納豆の方言

小学校3年の息子が、納豆とごはんを別々に食べていることに最近気づいた。
つまり納豆とごはんをひとくちずつ交互に食べるという方法。
「学校の給食ではごはんに納豆をかけちゃいけないんだよ」との弁。
食器洗浄の都合上なのか、それがマナー?なのか不明。

お国言葉があるように食にも方言があるそうだ。
新潟出身の友人は、納豆に砂糖をかけ、よ~くかきまぜ生卵を加えて食べると聞く。
「醤油より糸が立つしおいしいよ~!」・・彼女によると、それが新潟地方の納豆の
スタンダードな食べ方だそう。

近畿地方の方は納豆を好まないという迷信?もあるが、かの地方の学校給食に納豆の
メニューは存在しないのでしょうか??

ちなみに私はタレとからし、そして焼き海苔(決して味海苔ではありません)で頂きます(^u^)

栄養士のつぶやきでした
[PR]

by asukai-naika | 2009-08-26 21:09 | 栄養士からの一言